山澤 邦宏 Yamasawa Kunihiro

ID:9000258623199

国立国際医療センター/外科 Department of Surgery, International Medical Center of Japan (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Usefulness of the Direct-observation biopsy by mucosal cutting to the Submucosal tumor of the stomach  [in Japanese]

    Oshima Takao , Saito Yukio , Shimizu Toshio , Mochizuki Makoto , Saito Noboru , Sakamoto Eiichi , Tamegai Yoshiro , Nagaoki Yuko , Yagou Yuzo , Masaki Naohiko , Uemura Naomi , Tokuhara Makoto , Yamasawa Kunihiro , Hashimoto Masanori

    胃粘膜下腫瘍の診断では画像検査に加えてEUS-FNAが行われるが,検体量が少なく詳細な病理組織学的検討が困難な場合がある。ESDに準じて,フックナイフで粘膜と腫瘍表面の被膜を切開して腫瘍を露出させた後に通常の生検鉗子を用いる「直視下生検法」では充分量の組織が採取された。本法を用いた生検診断と摘除標本の組織診断との比較検討した結果,対象とした5例全例で的確な病理診断(GIST : 4例,平滑筋腫 : …

    Progress of Digestive Endoscopy 71(2), 28-33, 2007

    J-STAGE 

Page Top