向井 万起男 Mukai Makiko

ID:9000258623645

慶應義塾大学/病理診断部 Department of Pathology, Keio University (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of intramural recurrence after the endoscopic submucosal resection for patient with LPM (m2) esophageal squamous cell carcinoma  [in Japanese]

    Yoshikawa Takahisa , Kitagawa Yuko , Takeuchi Hiroya , Suda Koichi , Ando Takashi , Hiraiwa Kunihiko , Irino Tomoyuki , Omori Tai , Mukai Makiko , Kitajima Masaki

    深達度EP(m1), LPM(m2)の食道癌はほとんどリンパ節転移を認めないことから,EMRの絶対適応と考えられる。しかし,過去に深達度M2の症例で他臓器やリンパ節転移を認めた症例の報告は少ないながらも存在する。また,食道癌は多発する傾向を有し,他臓器との重複癌にも注意が必要である。今回我々は深達度M2と診断され,経過観察中に壁内およびリンパ節転移をきたしたと考えられる症例を経験したので報告する。

    Progress of Digestive Endoscopy 72(2), 44-45, 2008

    J-STAGE 

Page Top