岡津 弘明 Okatsu Komei

ID:9000258688444

(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 Japan Oil, Gas and Metals National Corp. (2007年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Consideration of issues concerning ignition method for air injection  [in Japanese]

    Takabayashi Katsumo , Wada Yuji , Katoh Katsumi , Maeda Haruo , Miyagawa Yoshihiro , Uematsu Hiroshi , Okatsu Komei , Onishi Tsuyoshi , Yoshino Satoru , Ogata Yuji

    空気圧入法とは油層内に空気を圧入し原油と燃焼させる事で生成される熱及び燃焼ガスにより油層を掃攻する増進回収法である。本研究グループでは中軽質油油層を対象として空気圧入法の適用に関する評価を行ってきている。その過程で対象原油の空気に対する自己着火温度が油層温度を上回っている事が示唆された。その為、着火を促進する手法として加速速度熱量計を用い添加物質による着火温度の低下に与える影響を調査した。

    Proceeding of Annual/Fall Meetings of the Japan Petroleum Institute 2007f(0), 60-60, 2007

    J-STAGE 

Page Top