立花 修 TACHIBANA Osamu

ID:9000258723238

金沢医科大学脳神経外科 Department of Neurosurgery, Kanazawa Medical University (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of Castleman disease with status epileptics originating from focal cortical dysplasia  [in Japanese]

    KAITO Muichi , IWAO Haruka , KINOSHITA Eriko , FUNAKI Hiroshi , TACHIBANA Osamu , MATSUI Makoto

    症例は数年前より血中IL-6値の異常高値が確認されていた55歳男性である.痙攣発作で入院し,血中および髄液IL-6値の異常高値と,FDG-PETで左前頭葉皮質の一部に集積亢進像が確認された.同部位はしだいに脳波異常を呈し,脳生検で限局性皮質異形成と診断されたが,てんかん治療にもかかわらず,頭部MRIT<sub>2</sub>強調画像で高信号を呈して拡大した.その後,腹部リン …

    Rinsho Shinkeigaku 51(7), 487-492, 2011-07-01

    J-STAGE  Ichushi Web  References (21)

Page Top