野口 明則 NOGUCHI Akinori

ID:9000259839006

松下記念病院外科 Department of Surgery, Matushita Memorial Hospital (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Solitary Splenic Metastasis from Breast Cancer  [in Japanese]

    HIRONAKA Ai , YAMAGUCHI Masahide , TAIYOH Hiroaki , TANI Naoki , NOGUCHI Akinori , YAMANE Tetsuro , KAWABATA Kenji

    再発乳癌の転移は骨,肺,あるいは肝臓に好発し,脾転移はまれである.臨床的に脾転移が指摘される場合,多臓器に転移が指摘される.われわれは,乳癌術後に孤立性脾腫瘍を発見し,診断治療目的に脾切除を行い,乳癌の脾転移と判明した1例を経験したので報告する.<BR>症例は68歳女性.2005年8月,左乳癌T1N0M0,Stage Iで左乳房部分切除術と腋窩リンパ節郭清術を施行した.術後5年4カ月の …

    Nihon Rinsho Geka Gakkai Zasshi (Journal of Japan Surgical Association) 75(1), 40-44, 2014

    J-STAGE 

Page Top