水永 武光 MIZUNAGA Takemitsu

ID:9000260380427

恵泉園芸短期大学|お茶の水女子大学生活環境教育研究センター|恵泉女学園大学人間社会学部 Keisen College of Horticulture|Institute of Environmental Science for Human Life, Ochanomizu University|Faculty of Human and Social Studies, Keisen University (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-5 of 5

  • New Metalloanthocyanin from Blue Petals of Salvia uliginosa

    MIZUNAGA Takemitsu , SAWAMURA Megumi , YOSHIOKA Satomi , SONE Yasuko , OTSUKA Yuzuru

    サルビア・ウリギノーサの青色花弁から青色色素複合体を精製した. 精製青色色素は645, 589, 314 nm に吸収極大を示した. この青色色素はセロハン透析チューブを通さなかった. 原子吸光分析の結果Mg が検出され, Fe, Mn, Al, Ca, Zn は検出されなかった. アントシア ニンはアセチル化マロニルアオバニンであり, フラボン部分はアピゲニン7‒セロビオシド‒ 4‒グルコシドで …

    Journal of Home Economics of Japan 60(9), 785-790, 2009

    J-STAGE 

  • A New Purification Method of Apigenin Derivatives from Blue Petals of Salvia Uliginosa  [in Japanese]

    MIZUNAGA Takemitsu , SAITO Hitomi

    サルビア・ウリギノーサの青色花弁より,アピゲニン誘導体を効率よく分離精製する方法として,ポリアミドCカラムクロマトグラフィーを行った.水-メタノール系によるグラデイエント溶出により,約50%メタノール濃度で,アピゲニン7-O-β-D-グルコピラノシール-(1‴→4"")-β-D-グルコピラノシドー4'-β-D-グルコピラノシド(アピゲニンIII)が溶出され,80-100%メタノール濃 …

    Research bulletin (36), 33-37, 2005-03

    IR 

  • A New Metallo-Anthocyanin from the Blue Petals of Salvia Uliginosa  [in Japanese]

    MIZUNAGA Takemitsu , SAWAMURA Megumi , YOSHIOKA Satomi , MURAKAMI Mutsuo

    A blue pigment complex was isolated from the blue flowers of Salvia uliginosa. The absorption spectrum of its aqueous solution has three maxima 644.8,586.8,and 314.4nm. On dialysis, the blue pigment w …

    Research bulletin (33), 1-6, 2002-03

    IR 

  • 酵母プロテインジスルフィドイソメラーゼ関連タンパク質の機能に関する研究  [in Japanese]

    中西 秀樹 , 西原 理久香 , 功刀 路子 , 行武 良哲 , 舘川 宏之 , 水永 武光 , 藤本 大三郎

    日本分子生物学会年会プログラム・講演要旨集 19, 291, 1996-08-01

  • 酵母S. cerevisiaeのprotein disu1fide isomerase (PDI)及びその関連タンパク質の機能に関する研究 : 微生物  [in Japanese]

    西原 理久香 , 舘川 宏之 , 畠山 亮子 , 友野 誠一郎 , 竹内 豊 , 水永 武光 , 藤本 大三郎

    Journal of the Agricultural Chemical Society of Japan 70(臨時増刊), 261, 1996-03-05

Page Top