一瀬 白帝 ICHINOSE Akitada

ID:9000261655224

山形大学医学部分子病態学講座|厚生労働科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「後天性血友病XIII(13)の実態調査,発症機序の解明と治療方法の開発」研究班|厚生労働科学研究費補助金難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患克服研究事業)「診断困難な(原因不明の)出血性後天性凝固異常症の総合的診療指針の作成」研究班 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Factor XIII  [in Japanese]

    ICHINOSE Akitada

    要約:凝固第XIII/13 因子(FXIII あるいはF13)は,トロンビンで活性化され,フィブリンを架橋結合して安定化する.したがって,その先天性欠損症は重篤な出血症状を呈する.FXIII-A サブユニット(FXIII-A)とFXIII-B サブユニット(FXIII-B)からなり,前者が触媒活性部位を持ち,後者によって安定化される.近年,FXIII が血管新生,感染防御,骨形成,神経再生などにも …

    Japanese Journal of Thrombosis and Hemostasis 25(4), 465-474, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top