鶴屋 和彦 TSURUYA Kazuhiko

ID:9000261668236

九州大学大学院包括的腎不全治療学 Department of Integrated Therapy for Chronic Kidney Disease, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Pathogenesis and management of minimal change nephrotic syndrome  [in Japanese]

    TSURUYA Kazuhiko

    微小変化型ネフローゼ症候群は,ほとんどの例でステロイド治療により寛解を得られるが,再発の頻度が高く,その一部は頻回再発型やステロイド抵抗性を呈する.病因はT細胞の機能異常やいくつかの重要な因子の関与が明らかにされている.初期治療は経口ステロイド薬が基本であるが,頻回再発型・ステロイド依存性やステロイド抵抗性の症例では免疫抑制薬の併用が有効である.最近,リツキシマブの有効性が報告されており,保険適用 …

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 102(5), 1105-1113, 2013-05-10

    J-STAGE  Ichushi Web  References (47)

Page Top