新納 宏昭

ID:9000265248330

九州大学病院 病態修復内科学 (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • P1-004  関節リウマチにおけるB細胞のRANKL発現制御の検討  [in Japanese]

    廣崎 友里 , 新納 宏昭 , 大田 俊一郎 , 植木 尚子 , 三苫 弘喜 , 赤星 光輝 , 有信 洋二郎 , 塚本 浩 , 赤司 浩一

    【目的】関節リウマチの病態におけるB細胞の役割として,自己抗体やサイトカインの産生,抗原提示を介したT細胞刺激などが挙げられる.近年関節局所のB細胞がRANKL(Receptor Activator of NF-κB Ligand)を産生し,骨破壊に寄与する可能性が示唆されている.今回我々は関節リウマチ患者B細胞のRANKL発現の制御機構および直接的な骨破壊への効果について検討を行った.【方法】末 …

    Japanese Journal of Clinical Immunology 37(4), 332b-332b, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top