小島 基永 KOJIMA Motonaga

論文一覧:  90件中 1-20 を表示

  • 1 / 5
  • 都市高齢者における社会的孤立の予測要因 : 前向きコホート研究

    江尻 愛美 , 河合 恒 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 大渕 修一

    日本公衆衛生雑誌 = Japanese journal of public health 65(3), 125-133, 2018-03

  • 都市高齢者における社会的孤立の予測要因:前向きコホート研究

    江尻 愛美 , 河合 恒 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 大渕 修一

    <p><b>目的</b> 本研究は,都市部の地域在住高齢者における社会的孤立の予測要因を縦断的に明らかにし,その予防策を検討することを目的とした。</p><p><b>方法</b> 2012年10月1日時点で東京都板橋区の9町丁目に在住する65歳から85歳の高齢者7,015人を対象として,郵送法による質問紙調査を行っ …

    日本公衆衛生雑誌 65(3), 125-133, 2018

    J-STAGE

  • 都市部高齢者の不眠症状とその関連因子 (不眠研究会 第32回 研究発表会)

    橋本 和明 , 竹内 武昭 , 中村 祐三 , 井原 一成 , 大渕 修一 , 平野 浩彦 , 藤原 佳典 , 河合 恒 , 小島 基永 , 端詰 勝敬

    不眠研究, 19-23, 2017

    医中誌Web

  • 地域に在住する肥満高齢者の縦断的観察に関する研究

    解良 武士 , 河合 恒 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 大渕 修一

    <p>【はじめに】高齢期は体脂肪量に比べると骨格筋の減少が著しく,加齢に伴いBMIが減少するにもかかわらず体脂肪率は高くなる。サルコペニア肥満はサルコペニアと肥満が合併している状態であるが,脂質代謝異常の増加,体重過多による膝痛発生や運動機能の低下の観点から関心が高い。このサルコペニア肥満は,サルコペニアに肥満が加わったのか,肥満から筋肉の減少が起こった結果であるのかについては,これま …

    理学療法学Supplement 2016(0), 1487, 2017

    J-STAGE

  • 心疾患で在宅療養する地域在住高齢者の心身機能の特徴

    解良 武士 , 河合 恒 , 吉田 英世 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 大渕 修一

    <p><b>目的</b> 心筋梗塞や心不全などの心臓病は生存率が飛躍的に向上したが,その一方で高齢化が深刻である。そのため地域で在宅療養する心疾患を有する高齢者の心身機能を,心疾患を有さない高齢者と比較しその特徴を明らかにすることとした。</p><p><b>方法</b> 対象は本研究所で行っている"お達者健診"に2 …

    日本公衆衛生雑誌 64(1), 3-13, 2017

    J-STAGE 医中誌Web

  • 2つの体組成測定装置の互換性についての検討

    解良 武士 , 河合 恒 , 吉田 英世 [他] , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 大渕 修一

    〔目的〕メーカーの異なる2機種をBland-Altman plotを用いて比較し,その換算式を作成することを目的とした.〔方法〕検診に参加した744名の高齢者を解析の対象とした.対象者は裸足で2つの異なるバイオインピーダンス法体組成測定装置で体組成を測定した.得られた2つの装置のデータは相関分析とBland-Altman plotを用いて比較し,比例誤差と加算誤差を換算した換算式を作成した.〔結果 …

    理学療法科学 30(6), 847-851, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 2年後にフレイルから改善した都市在住高齢者の心身機能の特徴

    解良 武士 , 河合 恒 , 吉田 英世 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 大渕 修一

    【目的】フレイルはその後の健康寿命や生命予後にかかわる要因であるため,その予防と改善は重要である。フレイル状態からの改善要因を明らかにすることを本研究の目的とした。【方法】対象者は都市在住のフレイルと判定された高齢者98名とした。フレイル状態から改善した群38名と不変群60名に分け,2群の心身機能と社会的側面を比較した。さらに2群を従属変数,各評価項目を独立変数として多重ロジスティック回帰分析を行 …

    理学療法学 42(7), 586-595, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 都市在住高齢者における1年後のフレイル進展の心身機能的要因の検討

    解良 武士 , 河合 恒 , 吉田 英世 [他] , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成 , 大渕 修一

    〔目的〕都市部在住高齢者の心身機能から1年後のフレイルへの進展に寄与する要因を検討することとした.〔対象〕都市部在住の高齢者913名のうち,すでにフレイルであったもの121名を除き,翌年に調査ができたもの384名を最終的な対象とした.〔方法〕心身機能の調査をもとに,1年後の新たなフレイルの非該当を従属変数,ベースラインでの各評価項目を独立変数とし,性別,年齢を共変量として強制投入したうえで,多重ロ …

    理学療法科学 30(4), 549-555, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 高齢者が行政と協働して進める介護予防を目的とした地域活動は、地域の互助機能を向上させるか?

    小島 基永 , 高橋 龍太郎 , 大渕 修一

    豊かな高齢社会の探究 調査研究報告書 (22), 1-21, 2014-07

  • 都市高齢者の不安に影響を与える要因

    大渕 修一 , 藤原 佳典 , 河合 恒 , 吉田 英世 , 小島 基永 , 平野 浩彦 , 石崎 達郎 , 荒木 厚 , 小山 照幸 , 杉江 正光 , 田中 雅嗣

    【はじめに,目的】不安は,高齢期の健康,生活にとって大きな負の影響を及ぼし,社会参加や友人・親戚との交流はこれを緩和すると考えられる。しかし,都市高齢者では,壮年期の社会参加が地域から離れた就業に偏在し,高齢期に進んで地域社会を基盤とした社会参加は難しく,また核家族化から親戚などとの交流も希薄になりがちである。高齢化率の増加に伴い大きく変化が見られる領域と考えられるが,それに先立って現在の都市高齢 …

    理学療法学Supplement 2013(0), 1455, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 大腿前面筋エコー強度と1年後の運動器リスク出現との関係

    河合 恒 , 大渕 修一 , 光武 誠吾 , 吉田 英世 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成

    【はじめに,目的】本研究では,介護予防における運動器のリスクを評価するための新たな指標を開発するために,大腿前面の超音波画像から筋の繊維化の状態を筋エコー強度(大腿EI)によって評価し,1年後の運動器リスク出現との関係を検討した。【方法】被験者は,東京都健康長寿医療センターにおいて実施した,包括的な生活機能検査「お達者健診2011」の受診者であった。受診者は,東京都板橋区のうちの9地区に在住する6 …

    理学療法学Supplement 2013(0), 0624, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 地域住民の主体的な介護予防活動推進のための取組「介護予防リーダー養成講座」の評価

    河合 恒 , 光武 誠吾 , 福嶋 篤 [他] , 小島 基永 , 大渕 修一

    <b>目的</b> 地域住民の主体的な介護予防活動推進のために,「介護予防リーダー養成講座」のカリキュラムを作成した。その実施を通して,受講生の介護予防自主グループの設立状況や,介護予防の理解度や自信の変化から講座の評価を行い,今後の課題について検討した。<br/><b>方法</b> 平成21~23年度に東京都 A 区 …

    日本公衆衛生雑誌 60(4), 195-203, 2013-04-15

    J-STAGE 医中誌Web 参考文献19件

  • 超音波画像による大腿前面筋エコー強度と運動器の機能低下リスクとの関係

    河合 恒 , 大渕 修一 , 光武 誠吾 , 吉田 英世 , 平野 浩彦 , 小島 基永 , 藤原 佳典 , 井原 一成

    【はじめに、目的】高齢者の生活機能の維持のためには、運動器の機能低下を適切に評価し、早期に対処していくことが重要である。超音波画像計測装置による筋の形態的特徴の測定は、虚弱高齢者に対しても安全に機能評価を行えることが期待できる。近年では持ち運び可能な小型の製品が開発されており、在宅や診察室などにおいて広く利用できる可能性もある。しかし、超音波画像計測によって得られた筋厚や筋の繊維化の状態と、運動器 …

    理学療法学Supplement 2012(0), 48100940-48100940, 2013

    J-STAGE

  • 介護予防を鍵とした東日本大震災の被災地支援

    小島 基永 , 大渕 修一 , 光武 誠吾 , 河合 恒 , 新名 正弥 , 高橋 龍太郎

    【はじめに、目的】 東日本大震災によって甚大な被害を受けたA市では、複数の地域の入居者からなる仮設住宅地区において、障碍者を排除する様子がみられることなどから、地域の社会的包摂に対するニーズが地域包括支援センターを中心に挙げられている。我々は介護予防を鍵として、高齢者の社会ネットワーク活動を拡充させることで、地域の互助機能向上を目指す取組をこれまで進めており、A市の依頼により今回、被災地支援として …

    理学療法学Supplement 2012(0), 48100174-48100174, 2013

    J-STAGE 医中誌Web

  • 地域在住虚弱高齢者に対する筋力増強トレーニングの最適負荷見極めにおける, 加速度時系列スペクトルのエントロピーの有用性の検討

    小島 基永 , 大渕 修一

    〔目的〕高齢者向けマシントレーニングで,判定者の熟練度に依らない負荷見極め方法の確立を目指し,動作中加速度の時系列スペクトルから算出するエントロピーの有用性を検討した.〔対象〕ディサービス利用者21名とした.〔方法〕運動指導者による負荷見極めによる判定が,良好である動作と不良である動作それぞれにおいて算出したエントロピーを比較した.〔結果〕動作の範囲が負荷の増大とともに小さくなった6名を除いた比較 …

    理学療法科学 27(3), 291-296, 2012-06-20

    J-STAGE 医中誌Web 参考文献5件

  • 筋力増強トレーニング最適負荷見極めにおける、加速度時系列スペクトルのエントロピーの有用性の検討

    小島 基永 , 大渕 修一 , 秋場 猛 , 西澤 勉 , 鵜嶋 善久

    【はじめに、目的】 マシンを使用した高齢者向けの包括的な運動トレーニングは、介護予防事業における有力なプログラムとして、通所の事業所を中心とした全国の施設で展開されており、その効果も確認されてきている。ところで、このプログラムの典型的なプロトコルに於いて、最適な負荷量の見極めは、理学療法士や運動指導員などの運動指導者による評価に依っており、こうした評価に対するマニュアルはあるものの、関わる運動指導 …

    理学療法学Supplement 2011(0), Eb1240-Eb1240, 2012

    J-STAGE

  • 高齢者の移動能力と膝関節伸展最大発揮角速度および膝関節伸展筋力との関連性

    新井 武志 , 大渕 修一 , 柴 喜崇 , 大室 和也 , 小島 基永

    【はじめに、目的】 理学療法評価の中で筋力測定は頻繁に行われるが、等尺性収縮による静的な最大発揮筋力を測定する場合が多い。一方、静的な筋力発揮能力よりも、動的な筋出力、特に筋パワーが歩行や階段昇降などの身体パフォーマンスと強い相関関係を示すことが知られている。筋パワーの測定は、等速性筋力測定器(トルクマシン)など高価かつ簡便ではない測定機器が必要なため、臨床的に実施することは難しい。我々は本学術集 …

    理学療法学Supplement 2011(0), Ae0089-Ae0089, 2012

    J-STAGE

  • 介護予防対象者における身体的活動能力測定(自立体力テスト)の信頼性

    河合 恒 , 大渕 修一 , 小島 基永 [他] , 新井 武志 , 中野 美恵子 , 横山 義昭

    理学療法科学 26(1), 41-48, 2011-02-20

    医中誌Web 参考文献20件

  • 介護予防運動器の機能向上サービスの実施方法による効果の差異の検討

    小島 基永 , 大渕 修一 , 新井 武志 , 三木 明子 , 伊藤 和彦 , 辻 一郎 , 大久保 一郎 , 大原 里子 , 杉山 みち子 , 鈴木 隆雄 , 曽根 稔雅 , 安村 誠司

    【目的】平成18年4月からの予防重視型の介護保険制度においては、介護予防事業の効果を見極めることが求められている。中でも運動器の機能向上サービスは、介護予防サービスの中で中核的な位置づけにあり、この効果を検証し、次の計画へと繋げていく必要がある。介護予防事業等の効果に関する総合的評価・分析に関する研究(日本公衆衛生協会、平成20年度厚生労働省補助金による研究事業)の第1~5回の調査で、介護予防事業 …

    理学療法学Supplement 2010(0), EbPI2447-EbPI2447, 2011

    J-STAGE

  • 1 / 5
ページトップへ