大野 健彦 OHNO Takehiko

ID:9000272647544

NTTサービスエボリューション研究所 NTT Service Evolution Laboratories (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Bidirectional Browsing between Causes and Symptoms to Enhance Troubleshooting Efficiency  [in Japanese]

    YAMASHITA Ryo , TAKAYAMA Chihiro , OHNO Takehiko

    問題解決を効率的に行うためには,知識共有によって経験を活かし合うことが有効である.知識共有においては,作業時に利用できるように知識を提示することが特に重要である.本稿では,オンサイトネットワークのトラブルシューティングを対象として,現場観察および実験室実験を実施した.その結果から,知識の提示方法について,従来多く用いられてきたキーワード検索システムでは不十分であり,(1)多様かつ断片的な知識を一度 …

    Technical report of IEICE. HCS 113(462), 107-111, 2014-03-04

Page Top