小笠原 敏記 OGASAWARA Toshinori

ID:9000273002071

岩手大学 理工学部システム創生工学科社会基盤・環境コース (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-17 of 17

  • SUPPRESSING THE EFFECTS OF ANOXIC WATER IN AN INNER BAY BY PLACEMENT OF WATER FLOW PIPES THROUGH A BAYMOUTH BREAKWATER  [in Japanese]

    KOZAWA Keiji , MURAKAMI Kazuo , NAKAMURA Yoshiyuki , ABE Ikuo , OKADA Tomonari , OGASAWARA Toshinori , TAKAO Toshiyuki , SHIBAKI Hidenori

    2011年東北地震津波により被災した大船渡港湾口防波堤の復旧工事では,環境への配慮として開口部基礎マウンドの海底部に直径3.5mの通水管18本を配置した.本研究の目的は,基礎マウンド完成後に実施した現地観測に基づき,通水管による湾内の貧酸素化の抑制効果を明らかにすることである.<br> 観測の結果,通水管には湾口防波堤基礎マウンドより内側に溜まった低水温(高密度)の水塊を湾外へ排出する …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_469-I_474, 2017

    J-STAGE 

  • EXPERIMENT ON TUSNAMI PRESSURE OF OBLIQUE INCIDENT WAVE ACTING ON STRUCTURE  [in Japanese]

    OGASAWARA Toshinori , MUROI Kohta

    海岸に襲来した津波は,複雑な地形や様々な構造物の影響を受けながら遡上するため,建物に作用する力の方向は,壁面に対して必ずしも直角に作用するとは限らない.さらに,壁前面の作用位置によっても作用する力は異なるものと考えられる.本研究では,津波段波の入射角の影響を考慮した建物への作用波圧を検討するため,模型建物の設置角度を変化させて,建物前面底部に作用する段波波圧に関する実験を実施した.その結果,建物に …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_907-I_912, 2017

    J-STAGE 

  • SIMPLIFIED METHOD FOR COASTAL TOPOGRAPHY MEASUREMENT WITH UAV  [in Japanese]

    MATSUBAYASHI Yuriko , KOMATSU Hiroyuki , OGASAWARA Toshinori

    小型UAV(マルチコプター)による3次元測量技術を用いて,岩手県普代村の普代浜を対象に空中撮影による海岸地形測量を行い,その有効性と精度,課題について検討した.その結果,撮影画像とRTK-GPSによるGCPポイントを用いることによって,汀線付近を除けば,簡易な海岸地形計測による3次元測量の解析結果が得られた.さらに,本計測から得た画像を基にしたDEMデータによって,普代川河口の変化特性を捉えること …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1627-I_1632, 2017

    J-STAGE 

  • HYDRAULIC MODEL EXPERIMENT ON MOTION CHARACTARISTICS OF DRIFTING AUTOMOBILE IN FLOW WITH WATER RISING  [in Japanese]

    MIZUNO Tatsuya , OGASAWARA Toshinori

    3Dプリンターを用いて作成した4車種の模型自動車に水位上昇を伴う流れを作用させ,その漂流特性を検討した.特に,漂流軌跡や移動速度を明らかにし,模型自動車の形状や重心位置,比重の影響を検討した.その結果,流れに直交する方向の自動車の変位量は,重心が模型前方に位置するほど大きくなることを明確にした.また,流れ方向の移動速度は,時間の経過に伴い等速状態に近づくことを明らかにした.さらに,流れ方向の移動速 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 73(2), I_1165-I_1170, 2017

    J-STAGE 

  • EVALUATION METHODS FOR TSUNAMI FORCE ACTING ON BUILDING GROUP IN MODEL EXPERIMENT  [in Japanese]

    OGASAWARA Toshinori , MITSUHASHI Yutaka , MUROI Kohta , MIZUNO Tatsuya

    東日本大震災では,隣接する建物でも被災規模が異なることが確認されているため,建物群における各建物の津波耐力評価が必要と考えられる.街区を想定した建物群を3Dプリンターで再現した模型実験を基に,津波氾濫流の波圧を明らかにする.さらに,各建物の必要津波耐力について,建物面積および建物形状を指標とした評価方法を検討する.その結果,海側の前方に建物が存在するような後方の建物において,波圧は著しく減少するだ …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_943-I_948, 2016

    J-STAGE 

  • THE RE-EXAMINATION OF THE TSUNAMI AFFECTED ON THE FUKUSHIMA DAIICHI NUCLEAR POWER PLANT BY REVISING THE TSUNAMI MODEL FOR THE 2011 TOHOKU PACIFIC OCEAN EARTHQUAKE TSUNAMI  [in Japanese]

    IMAMURA Fumihiko , IWAMA Shunji , KUNIEDA Yuichi , OGASAWARA Toshinori

    本研究では,福島第一原発沖に設置された東日本大震災の波高計記録を再現できる修正波源断層モデルを使用し,施設周辺での詳細な津波挙動解析を実施した.写真やプラントデータとの比較を行った結果,後述する2カ所を除き解析結果の整合性が認められた.波高計記録の津波第二波成分は,急激に上昇する1段目と約1分後に計測上限を超える2段目で構成され,港内への浸入やサイトへの遡上過程において重要な役割を担っていることが …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_361-I_366, 2016

    J-STAGE 

  • FLOW CHARACTERISTICS IN WATER PIPES PLACED AT THE BOTTOM OF THE BAYMOUTH BREAKWATER AND THE EFFECTS ON DISSOLVED OXYGEN IN THESE PIPES IN THE INNER BAY  [in Japanese]

    KOZAWA Keiji , OIKAWA Takashi , MURAKAMI Kazuo , NAKAMURA Yoshiyuki , ABE Ikuo , OKADA Tomonari , OGASAWARA Toshinori , TAKAO Toshiyuki , SHIBAKI Hidenori

    2011年東北地震津波により被災した大船渡港湾口防波堤の復旧工事では,環境への配慮として開口部の基礎マウンドの海底部に直径3.5mの通水管を配置した.本研究の目的は,現地観測から通水管の流動特性と通水管による湾内の貧酸素水塊の抑制効果を推測することである.<br> 観測の結果,夏季から秋季の通水管内の流れは,半日周期で振動する期間と一定して流出の期間がみられた.この通水管内の流れは,通 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 72(2), I_499-I_504, 2016

    J-STAGE 

  • NUMERICAL ANALYSIS OF SEDIMENT TRANSPORT IN MIYAKO BAY, IWATE, JAPAN  [in Japanese]

    MURAKAMI Tomokazu , OGASAWARA Toshinori , SHIMOKAWA Shinya

    本研究の目的は,宮古湾における津軽石川および閉伊川起源の土砂輸送の季節特性や2011年東北地方太平洋沖地震津波の発生による土砂輸送の変化を明らかにすることである.そのため,海洋モデルおよびラグランジュ粒子追跡モデルを用いて,2010年8月,2010年11月,2011年8月および2011年11月の宮古湾における津軽石川および閉伊川起源の土砂輸送の解析を行った.<br> その結果,津軽石川 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_1213-I_1218, 2015

    J-STAGE 

  • CHARACTERISTICS ON VERTICAL DISTRIBUTION OF TSUNAMI FLOW AND ITS FLUID FORCE ON LAND  [in Japanese]

    OGASAWARA Toshinori , MUROI Kohta , ITSUHASHI MYutaka

    津波氾濫流を発生させることが可能な開水路を用いて,陸域を伝播する氾濫流の流体特性を検討する.特に,流速やフルード数の鉛直構造を明らかにする.さらに,フルード数で表されるベルヌーイの定理と氾濫流の流体力との関係を明確にし,その適応範囲を検証する.その結果,建物の耐力評価式に重要な因子と考えられるフルード数は,最大値の時間帯を除けば,氾濫流の規模や流れの状態に依らず,概ね鉛直一様な分布になることがわか …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_913-I_918, 2015

    J-STAGE 

  • CHARACTERISTIC OF WATER QUALITY IN OFUNATO BAY IN FEW DECADES  [in Japanese]

    FURUDOI Ken , TAKAO Toshiyuki , MURAKAMI Kazuo , NAKAMURA Yoshiyuki , ABE Ikuo , OKADA Tomonari , OGASAWARA Toshinori , SHIBAKI Hidenori

    大船渡湾奥の1970年以降の約40年間の水質の経時変化から,毎年冬季の鉛直混合期に溶存酸素濃度は飽和濃度に達し,水温成層期に下層の溶存酸素濃度が低下する季節変動を繰り返していることを確認した.また,湾奥部下層の溶存酸素濃度の低下は,1987年頃を境に徐々に抑えられていた結果を示しており,1970年の負荷量のピークから約15年の遅れを生じていたことを確認した.鉛直2次元ボックスモデルを用いて1993 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 71(2), I_427-I_432, 2015

    J-STAGE 

  • Numerical Analysis Based on Field Observation of Ocean Current, Salinity and Water Temperature in Miyako Bay, Iwate, Japan  [in Japanese]

    MURAKAMI Tomokazu , FURUYA Ryutaro , OGASAWARA Toshinori , SHIMOKAWA Shinya

    This study aims at investigating structures of ocean current, salinity and water temperature in Miyako Bay, Iwate, Japan after the Great East Japan Earthquake. Field observation using CTD was performe …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 70(2), I_1126-I_1130, 2014

    J-STAGE 

  • STUDY ON ANALYSIS OF FLUID AROUND THE STRUCTURE USING PARTICLE METHOD AND VOF METHOD  [in Japanese]

    SUNAKAWA Togo , TSUJIO Daiki , ISHIKAWA Masanori , OGASAWARA Toshinori

    防波堤の耐津波設計に関する事象を解析できる手法の基礎的な検討として,粒子法の一つであるMPS法と数値波動水路(CS2D)を用いて,防波堤周りの越流状況を解析した.また,両モデルの特性の把握を目的として計算結果を比較した.なお,MPS法はマウンドを不透過としているが,CS2Dは不透過及び透過の2パターンを計算した.<br> 堤体前面の水位においてMPS法に比べCS2Dはピーク時の時間波形 …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 69(2), I_724-I_729, 2013

    J-STAGE 

  • NUMERICAL ANALYSIS OF COASTAL CURRENTS AND DENSITY STRUCTURES IN MIYAKO BAY AFFECTED BY METEOROLOGICAL DISTURBANCES AND TOPOGRAPHIC CHANGES CAUSED BY TSUNAMI  [in Japanese]

    MURAKAMI Tomokazu , KAWAGUCHI Chikaku , OGASAWARA Toshinori

    本研究は,各季節の宮古湾全体の流動・密度構造を明らかにすること,および東北地方太平洋沖地震津波による地形変化が宮古湾の流動・密度構造に与える影響を評価することを目的とし,海洋モデルおよび津波発生前後の地形データを用いて,宮古湾の海水流動および密度場の再現シミュレーションを行った.<br> その結果,宮古湾に接続する閉伊川および津軽石川の河川流量の変化が湾内の海面密度分布を大きく支配する …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 69(2), I_718-I_723, 2013

    J-STAGE 

  • SURVEY ON EVACUATION AGANST 2011 TOHOKU EARTHQUAKE TSUNAMI IN KUSHIMOTO TOWN IN WAKAYAMA PREFECTURE  [in Japanese]

    OGASAWARA Toshinori , NAKAHATA Maya , MATSUBAYASHI Yuriko , SAKAI Shigeki

    2010年東北地方太平洋沖地震津波では,和歌山県においても大津波警報が発令された.近い将来,南海トラフ沿いで発生の可能性がある巨大津波から人命を守るためには,今回の津波での避難行動を把握することは重要である.本研究では,アンケート形式によるヒヤリング調査を実施し,避難行動を把握すると共に,昭和南海地震津波の風化が懸念されるが,その経験が避難行動に活かされているのかを明らかにする.その結果,避難率は …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B3 (Ocean Engineering) 69(2), I_37-I_42, 2013

    J-STAGE 

  • Development of 3D coupling model considered fluid-solid interaction by MPS method

    OGASAWARA Toshinori , KIKUCHI Shigetomo , SUNAGAWA Togo , SAKAI Shigeki

    We develop three-dimensional coupling model of fluid-rigid body interaction by MPS method. The model takes into consideration a force of fluid-solid interaction which used the pressure difference betw …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 66(1), 41-45, 2010

    J-STAGE 

  • Characteristics of Regular Waves in Arbitrary Sea-ice Condition

    OGASAWARA Toshinori , KUDO Shun , SAKAI Shigeki

    Using the wave tank with freezer in Hamburg Ship Model Basin (HSVA), we make clear characteristics of regular waves in arbitrary sea-ice condition. In particular, we investigate the attenuation coeffi …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 65(1), 1266-1270, 2009

    J-STAGE 

  • Effect of Pressure Oscillation in Fluids on Structure by MPS Method

    OGASAWARA Toshinori , KIKUCHI Shigetomo , SAKAI Shigeki

    For unreal pressure oscillation in fluid particles due to MPS method, two algorithms which corrected the source term in the Poisson equation are compared with original MPS method. In addition, wave bo …

    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering) 65(1), 26-30, 2009

    J-STAGE 

Page Top