佐仲 雅樹 Sanaka Masaki

ID:9000273012983

東京都立駒込病院/内科 Department of Internal Medicine, Tokyo Metropolitan Komagome Hospital (2000年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Bile Duct Carcinoma Showing Hemobilia from Ruptured Pseudoaneurysm of Right Hepatic Artery after Trimodality Treatment with Hyperthermia, Chemotherapy and Radiotherapy  [in Japanese]

    Kamisawa Terumi , Sanaka Masaki , Tu Yuyang , Egawa Naoto , Sakaki Nobuhiro , Ishiwata Jun-ichi

    症例は81歳,女性。中部胆管癌症例で,高齢のため金属ステントを挿入して退院した。腫瘍のステント内への発育による黄疸で3ケ月後再入院した。温熱・化学・放射線の三者併用療法を施行し,胆管の再疎通を認めた。しかし,胆道出血及び消化管出血を起こし,ショック状態に陥った。緊急血管造影にて下膵十二指腸動脈と右肝動脈における仮性動脈瘤からの出血と診断し,マイクロコイルを用いて塞栓止血した。仮性動脈瘤の形成機序と …

    Progress of Digestive Endoscopy(1972) 57(2), 84-87, 2000

    J-STAGE 

Page Top