深沢 正樹 FUKASAWA MASAKI

ID:9000273015347

順天堂大学医学部外科学教室第二外科学講座 The 2nd Department of Surgery, Juntendo University School of Medicine (1994年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Surgical treatment for hepatocellular carcinoma  [in Japanese]

    KOJIMA KUNIAKI , SUZUKI KUNIMI , WATANABE SHIN , OKUYAMA KOUICHI , OHASHI KAORU , OURA SHINSUKE , FUKASAWA MASAKI , BEPPU TOMOE , FUTAGAWA SHUNJI , YOSHIMOTO JIROH , OHTA HITOSHI , SUGOU HIROYUKI , FUJISAWA MINORU , FUJIWARA NORIKO , MIWA KEN , NAKANO KAZUNAGA , MATUMOTO RIKIO

    1979年以来, 396例の原発性肝細胞癌入院症例を経験し, 切除例は153例39%である. 切除例の中, 肝硬変症例は82%を占める. 耐術例での5年累積生存率は49%であり, 5年累積無再発生存率は21%である. 肝癌切除後の残肝再発は, 肝硬変症例における多中心性発生例も含め高率であり, 長期生存を得るためには再発巣に対しても再切除をはじめとした積極的な治療が必要である. 再発に関与する因子 …

    Juntendo Medical Journal 40(1), 21-29, 1994

    J-STAGE 

Page Top