鶴丸 昌彦 TSURUMARU MASAHIKO

ID:9000273017258

順天堂大学医学部外科学教室消化器外科学講座上部消化管外科学 Department of Esophageal and Gastroenterological Surgery, Juntendo University School of Medicine (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Clinical importance of detecting micrometastasis of esophageal cancer in lymph nodes by staining with anti-cytokeratin antibody  [in Japanese]

    ANDO TAKAO , TSURUMARU MASAHIKO , KAJIYAMA YOSHIAKI , IWANUMA YOSHIMI , TOMITA NATSUMI , AMANO TAKAYUKI , ISAYAMA FUYUMI

    目的: 食道癌は適切な根治手術が行われてもなお再発が多く予後不良な疾患である. Stageの早い症例でも術後再発をきたす場合があり, このような症例では従来の組織学的手法では検出されない微小転移巣の関与が推測される. 本研究では, 手術で郭清されたリンパ節に対して抗サイトケラチン抗体 (CK13) 染色による免疫組織化学的染色法を用いて, 食道癌のリンパ節微小転移を検索しその臨床的意義について考察 …

    Juntendo Medical Journal 55(2), 128-135, 2009

    J-STAGE 

Page Top