鈴木 衞 Suzuki Mamoru

ID:9000283104849

東京医科大学耳鼻咽喉科学教室 Tokyo Medical University (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  40件中 1-20 を表示

  • 1 / 2
  • 化学放射線療法を施行した副鼻腔小細胞癌例

    田村 理恵 , 清水 顕 , 鈴木

    There are few reports of small cell carcinoma originating in the nasal and paranasal cavity, but in this paper, we report on a case we experienced, in which small cell carcinoma developed around the e …

    耳鼻咽喉科臨床 108(9), 725-731, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 重篤な合併症を併発した放射線性喉頭壊死の1症例

    武田 淳雄 , 清水 顕 , 船戸 宣利 , 野本 剛輝 , 勝部 泰彰 , 田村 理恵 , 伊藤 博之 , 鈴木

    化学放射線療法は頭頸部癌,特に局所進行頭頸部癌の治療において,局所制御率が高く,喉頭機能温存の点で優れた治療法である。しかし化学放射線治療は皮膚障害,粘膜障害,造血障害などの早期合併症や喉頭壊死,骨壊死,嚥下障害,放射線誘発癌などの晩期合併症を招く可能性がある。中でも喉頭壊死は保存的加療で制御困難な場合,喉頭全摘出術を要することもあり慎重な経過観察が必要である。<br>今回われわれは喉 …

    頭頸部外科 25(1), 79-84, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 同一頭位で2相性眼振がみられた頭位めまい症例

    市村 彰英 , 鈴木 衞 , 小川 恭生 , 大塚 康司

     Introduction: In positional vertigo, spontaneous reversal of the initial positional nystagmus (the secondary phase nystagmus) is clinically rare without head position changes. We present herein a cas …

    Equilibrium Research 74(3), 184-190, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 外側半規管型 BPPV の潜時に影響する因子

    鈴木 衞 , 大塚 康司 , 稲垣 太郎 , 許斐 氏元 , 清水 重敬 , 井谷 茂人 , 小川 恭生

     Canalolithiasis and cupulolithiasis are known to be a primary etiology of benign paroxysmal positional vertigo (BPPV). In lateral canal type BPPV (L-BPPV), direction-changing geotropic or apogeotropi …

    Equilibrium Research 74(3), 220-222, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 内視鏡下鼻内涙囊鼻腔吻合術を施行した多発顔面骨骨折による鼻涙管閉塞例

    大塚 康司 , 柴田 元子 , 太田 陽子 [他] , 河口 幸江 , 矢富 正徳 , 清水 雅明 , 北村 剛一 , 鈴木

    Multiple fractures of the facial bones occasionally cause nasolacrimal duct obstruction, resulting in epiphora and dacryocystitis. Herein, we report the case of a 25-year-old man who developed nasolac …

    耳鼻咽喉科臨床 108(8), 619-624, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 内耳自己免疫疾患と診断された22症例の検討

    永井 賀子 , 小川 恭生 , 萩原 晃 , 大塚 康司 , 稲垣 太郎 , 河口 幸江 , 鈴木 衞 , 富山 俊一

     Autoimmune inner ear disease (AIED) was reported by McCabe in 1979 and was characterized by episodic vertigo and fluctuating hearing loss. Some patients develop total deafness and severe disequilibri …

    Equilibrium Research 74(2), 58-65, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • IP療法および同時併用放射線療法にて治療を行った上顎洞小細胞癌例

    上田 百合 , 小川 恭生 , 清水 顕 [他] , 伊藤 博之 , 鈴木

    Objective: Extrapulmonary small cell carcinoma (EPSCC) is a cancer with a poor prognosis. The treatment of EPSCC has not been established because of its rarity. We encountered a case of EPSCC involvin …

    耳鼻咽喉科臨床 108(2), 139-144, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 小児顎下腺粘表皮癌例

    上田 百合 , 塚原 清彰 , 中村 一博 [他] , 本橋 玲 , 遠藤 稔 , 佐藤 宏樹 , 鈴木

    Pediatric salivary gland carcinomas are a rare neoplasm with a prevalence of 0.9 per million people. On the other hand, 30 to 40% of pediatric salivary gland tumors are malignant. We report herein on …

    耳鼻咽喉科臨床 108(1), 45-49, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 外切開を要した深頸部膿瘍の検討

    勝部 泰彰 , 塚原 清彰 , 本橋 玲 [他] , 遠藤 稔 , 佐藤 宏樹 , 上田 百合 , 中村 一博 , 藤井 毅 , 鈴木

    Deep neck abscesses represent a severe infection that requires prompt treatment. We report herein on cases of deep neck abscess requiring surgical drainage. The subjects of this study were 25 patients …

    耳鼻咽喉科臨床 108(1), 71-77, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

  • 外リンパ瘻症例の臨床的検討

    永井 賀子 , 萩原 晃 , 小川 恭生 , 斎藤 雄 , 鈴木

     外リンパ瘻は, 明らかな原因や誘因がない症例では診断に苦慮することがある。 治療までの期間が短いほど聴力改善度が高いことが知られており, 早期診断は予後を左右する。 しかし, 診断に有用な検査の一つである瘻孔症状は全例が陽性となるわけではなく, 外リンパ液に特異的な蛋白である CTP (cochlin tomoprotein) の検出は非常に有用だが検査時間の問題がある。 今回我々は, 厚生中央 …

    耳鼻咽喉科展望 57(6), 322-329, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 内転型痙攣性発声障害に対する甲状披裂筋切除術

    本橋 玲 , 渡嘉敷 亮二 , 平松 宏之 , 野本 剛輝 , 許斐 氏元 , 櫻井 恵梨子 , 豊村 文将 , 塚原 清彰 , 鈴木

    Thyroarytenoid muscle myectomy (TAM) is a useful procedure for treating adductor spasmodic dysphonia (ADSD), in addition to type II thyroplasty (TP II), and both are performed in our department in Jap …

    喉頭 26(2), 93-98, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 2012年度スギ花粉症に対するモンテルカスト初期療法の有効性について

    矢富 正徳 , 北村 剛一 , 清水 雅明 , 大塚 康司 , 鈴木

     スギ花粉症患者は年々増加傾向であり, 鼻アレルギー診療ガイドライン (改訂第7版) では, ロイコトリエン受容体拮抗薬によるスギ花粉症の初期療法が推奨されている。 今回我々は2012年スギ花粉飛散期におけるモンテルカストの初期療法の有効性を検討した。<br> 対象は, 2012年1月から4月までに東京医科大学病院耳鼻咽喉科及び立正佼成会附属佼成病院耳鼻咽喉科を受診した59例である。 …

    耳鼻咽喉科展望 57(2), 73-81, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 当院における乳幼児補聴器外来の現状

    西尾 のり子 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 鮎澤 詠美 , 南雲 麻衣 , 白井 杏湖 , 鈴木 衞 , 藤田 和美 , 池谷 淳

    要旨: 当院を受診した初診年齢0歳児24症例に対して, 補聴器の試聴を開始し, 初診日齢, 新生児聴覚スクリーニングの有無, 平均聴力レベル, 補聴器装用開始日齢, 補聴器装用適合日齢, 補聴器適合に至るまでの問題点, 補聴器フィッティング状況 (音響利得,最大出力音圧 (MPO), 装用閾値の関係について), 決定補聴器について検討した。 全体的な傾向として, 初診日齢が早いほど, 補聴器装用開 …

    AUDIOLOGY JAPAN 57(6), 703-710, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 突発性難聴における聴力改善の経過と改善率についての検討

    永井 賀子 , 萩原 晃 , 河口 幸江 , 小川 恭生 , 鈴木

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 485-486, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 当院における補聴器外来の現状報告

    鮎澤 詠美 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 南雲 麻衣 , 萩原 晃 , 西山 信宏 , 河口 幸江 , 白井 杏湖 , 齋藤 友介 , 鈴木

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 417-418, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • NRT 及び ART による聴神経複合活動電位 (Electrically Evoked Compound Action Potential: ECAP) の無反応成人例の検討

    池谷 淳 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 白井 杏湖 , 鈴木

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 309-310, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 当科における人工内耳早期手術症例の検討

    冨澤 文子 , 河野 淳 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 鮎澤 詠美 , 萩原 晃 , 西山 信宏 , 河口 幸江 , 白井 杏湖 , 鈴木 衞 , 齋藤 友介

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 301-302, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 高齢人工内耳装用者の文聴取の経時的な変化について

    野波 尚子 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 鮎澤 詠美 , 南雲 麻衣 , 萩原 晃 , 西山 信宏 , 河口 幸江 , 白井 杏湖 , 鈴木 衞 , 齋藤 友介

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 299-300, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 学齢期にある人工内耳装用児の構音に関する検討

    白井 杏湖 , 齋藤 友介 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 鮎澤 詠美 , 鈴木

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 277-278, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 義務教育後半期にある人工内耳装用児の国語学力に関する検討

    齋藤 友介 , 河野 淳 , 冨澤 文子 , 芥野 由美子 , 野波 尚子 , 鮎澤 詠美 , 白井 杏湖 , 鈴木

    AUDIOLOGY JAPAN 57(5), 267-268, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

  • 1 / 2
ページトップへ