一色 高明 Isshiki Takaaki

ID:9000283130334

帝京大学医学部内科 (循環器) Department of Internal Medicine (Cardiology), Teikyo University School of Medicine (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of postprandial situational syncope detoriolated by miglitol  [in Japanese]

    Nomura Takahiro , Konno Kumiko , Ishikawa Shuichi , Suzuki Nobuaki , Yokoyama Naoyuki , Kozuma Ken , Isshiki Takaaki , Yamakawa Takeshi , Kawashima Hideyuki , Miyagawa Mutsuki , Hosogoe Naoyoshi , Saitou Tomohisa , Ochiai Mina , Maeno Yoshio , Ootsuki Shuji

    症例は66歳, 男性. 2008年1月ごろより食後に悪心や顔面紅潮の前兆を伴う失神が出現したが放置されていた. 2010年12月ごろより食後15分から1時間に腹部膨満感の自覚とともに顔面紅潮, 悪心に引き続く失神を繰り返すようになり, 2011年1月上旬, 精査加療目的で当院入院となった. 失神の原因として起立性低血圧, 心原性, 脳血管性などは否定的であった. 24時間血圧心電図記録中, 食後約 …

    Shinzo 46(3), 372-376, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top