今永 知俊 Imanaga Tomotoshi

ID:9000283225856

製鉄記念八幡病院呼吸器科 Division of Respiratory Disease, Steel Memorial Yawata Hospital (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A Case of Acetaminophen-induced Hypersensitivity Vasculitis  [in Japanese]

    Shibahara Tomoya , Moriwaki Atsushi , Sonomoto Koshiro , Katahira Katsuyuki , Enokizu Aimi , Kato Kaori , Shimokama Tatsuro , Kawakami Satoru , Imanaga Tomotoshi

    症例は60歳,男性.感冒症状,関節痛に対してアセトアミノフェンを含む解熱鎮痛薬を内服後,関節痛の増悪と両下腿の紫斑が出現した.薬剤中止で紫斑は消退したが,残存する関節痛にアセトアミノフェンを投与したところ紫斑が再出現した.皮膚生検で白血球破砕性血管炎を認め,投与中止後に症状は改善した.本症例は偶然のチャレンジテストにより過敏性血管炎の診断に至り,安易な対症療法の危険性を示唆する貴重な症例であった.

    Nihon Naika Gakkai Zasshi 103(1), 152-154, 2014

    J-STAGE 

Page Top