大湊 麗 OMINATO Rei

ID:9000283453429

新潟大学大学院医歯学総合研究科顎顔面口腔外科学分野|新潟大学医歯学総合病院歯科言語治療室 Division of Oral and Maxillofacial Surgery, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences|Speech Clinic in Dentistry, Niigata University Medical and Dental Hospital (2017年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-4 of 4

  • Validation of Optimal Timing for Hard Palate Closure in Two-stage Palatoplasty:―Evaluation of Speech Outcome―  [in Japanese]

    OMINATO Rei , ONO Kazuhiro , IIDA Akihiko , KODAMA Yasumitsu , KOYAMA Takahiro , NAGATA Masaki , TAKAGI Ritsuo

    新潟大学顎顔面口腔外科では1983年より二段階口蓋形成手術法を施行しており,顎発育による分析から,2010年より硬口蓋閉鎖時期を5歳半から4歳へ早期移行した。本研究では,言語機能による分析から,硬口蓋閉鎖時期の5歳半から4歳への早期移行が4歳時から6歳時における言語機能獲得に与える影響を検討した。その結果,5歳時において,鼻咽腔閉鎖機能では良好例の有意な増加および異常構音の種別では口蓋化構音の有意 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 42(3), 201-207, 2017

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • A clinical Investigation of Patients with Submucous cleft Palate:―Speech Outcomes―  [in Japanese]

    OMINATO Rei , KOBAYASHI Takanori , KODAMA Yasumitsu , KOYAMA Takahiro , IKARASHI Yuki , IIDA Akihiko , ONO Kazuhiro , NAGATA Masaki , TAKAGI Ritsuo

    新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科において1982年から2012年の31年間に粘膜下口蓋裂と診断し,治療開始から2年継続して経過観察を行えた80例を対象に,言語成績について検討した。全80例中,Furlow法を中心とした口蓋形成手術および言語治療を行った症例(以下,手術群)は60例であり,手術を施行せず,言語治療のみを行った症例(以下,非手術群)は20例であった。<br>その結果,以 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 41(3), 173-180, 2016

    J-STAGE 

  • Clinical Investigation of Patients with Submucous Cleft Palate:—Diagnosis and clinical manifestations—  [in Japanese]

    OMINATO Rei , KOBAYASHI Takanori , KODAMA Yasumitsu , KOYAMA Takahiro , IKARASHI Yuki , IIDA Akihiko , ONO Kazuhiro , NAGATA Masaki , TAKAGI Ritsuo

    新潟大学医歯学総合病院顎顔面口腔外科において1982年から2012年の31年間に粘膜下口蓋裂と診断した84例を対象に,性別,出生時体重,初診時年齢,主訴,来院経路,合併症,Calnanの3徴候,治療内容および母親の出産時年齢について回顧的に検討した。なお,当科の粘膜下口蓋裂の診断基準は軟口蓋の筋層離開とした。<br>その結果,以下の知見を得た。<br>1) 性別は男性42例 …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 41(1), 24-30, 2016

    J-STAGE  Ichushi Web 

  • Speech Outcome of Unilateral Cleft Lip and Palate Patients Managed under Two-stage Palatoplasty with Hotz's Plate until 8 Years of Age:—Evaluation of Furlow's Double-opposing Z-plasty for Soft Palate Repair—  [in Japanese]

    TERAO Emiko , TAKAGI Ritsuo , OMINATO Rei , KODAMA Yasumitsu , IIDA Akihiko , IKARASHI Yuki , ONO Kazuhiro

    Furlow法を用いたHotz床併用二段階口蓋形成法により管理した42例の片側性唇顎口蓋裂症例(以下,F群)について,8歳までの言語発達への影響を検討した。さらに,PerkoのWidmaier変法(以下,P群:75例)を用いた結果と比較検討した。<br>1.8歳時の鼻咽腔閉鎖機能獲得率はF群とP群で有意差はなかった。また,これまでの報告にある一段階法の獲得率と同程度であった。<b …

    Journal of Japanese Cleft Palate Association 38(1), 104-112, 2013

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top