今中 大 Imanaka Dai

ID:9000283478031

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科消化器疾患・生活習慣病学 Digestive Disease and Life-style Related Disease, Kagoshima University Graduate School of Medical and Dental Sciences (2015年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Two patients with pacemakers who safely underwent radiofrequency ablation with bipolar electrodes to treat primary hepatocellular carcinoma  [in Japanese]

    Ijuin Sho , Kumagai Kotaro , Mawatari Seiichi , Moriuchi Akihiro , Sakurai Kazuhiro , Hori Takeshi , Ido Akio , Tamai Tsutomu , Uto Hirofumi , Onishi Hiroka , Sakae Haruka , Muromachi Kaori , Oshige Akihiko , Oda Kohei , Imanaka Dai

    症例1は80歳,男性.2007年肝細胞癌に対して開腹下ラジオ波焼灼療法(RFA)を施行して以降,多発再発に対して肝動注化学塞栓療法(TACE)にて繰り返し加療していた.2013年完全房室ブロックに対してペースメーカー植込み術が行われた.2014年4月肝S4の肝細胞癌再発に対して,バイポーラ電極針2本にてRFAを施行した.焼灼中はペースメーカー設定をVVI modeからVOO modeに変更した.症 …

    Kanzo 56(2), 57-64, 2015

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top