松岡 里湖 MATSUOKA Satomi

ID:9000283540308

市立稚内病院内科 Department of Internal Medicine, Wakkanai City Hospital (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Sustained remission over 10 years after rituximab-monotherapy in a patient with primary duodenal follicular lymphoma  [in Japanese]

    KUNIEDA Yasuyuki , MATSUOKA Satomi , KIKUCHI Misato , KAWAMURA Naoki , TANAKA Shinya

    発症時79歳男性。2002年5月,粘膜下腫瘍の経過観察として施行された上部消化管内視鏡検査でファーター乳頭部近傍に白色顆粒状病変の散在を認めたが,組織学的には軽度の炎症細胞浸潤であった。2002年12月再検査時,ファーター乳頭部周辺から肛門側に縦走する顆粒状隆起性病変を認め,生検で濾胞性リンパ腫と診断された。他臓器浸潤は認めず,十二指腸原発濾胞性リンパ腫と診断,2003年1月より全身化学療法として …

    Rinsho Ketsueki 55(12), 2408-2413, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top