三井 啓吾 Mitsui Keigo

ID:9000283666616

日本医科大学/消化器内科 Department of lnternal Medicine, Division of Gastroenterology, Nippon Medical School (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A case of double balloon endoscopic treatment of polyps of Peutz-Jeghers syndrome by ligations and follow-up by capsule endoscopy  [in Japanese]

    Maki Kotaro , Tanaka Shu , Tatsuguchi Atsushi , Fujimori Shunji , Sakamoto Choitsu , Mitsui Keigo , Yamada Yukie , Takahashi Yoko , Ehara Akihito , Kobayashi Tsuyoshi , Seo Tsuguhiko , Yonezawa Masaoki , Sekita Yoshihisa

    ダブルバルーン内視鏡を用いてPeutz-Jeghers症候群の40mm大の有茎性小腸ポリープ2個を,茎を留置スネアで絞扼して放置した。4日後に絞扼したポリープの脱落を確認した。1年後にカプセル内視鏡を施行し,切除すべきポリープを指摘できなかった。茎を留置スネアで絞扼して放置する方法は組織回収が出来ないが,同時に多数のポリープが処置できるので多発ポリープに対して有効な治療法と考えられる。

    Progress of Digestive Endoscopy 75(2), 88-89, 2009

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top