福田 哲也 FUKUTA Tetsuya

ID:9000283717252

岐阜大学医学部附属病院高度救命救急センター Department of Advanced Critical Care Center, Gifu University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • A CASE OF OPERATIVE THERAPY FOR ISOLATED GALLBLADDER INJURY BY BLUNT ABDOMINAL INJURY  [in Japanese]

    KATO Hisaaki , FUKUTA Tetsuya , TANAKA Yoshihito , MIYAKE Takahito , NACHI Sho , YOSHIDA Takahiro , SHIRAI Kunihiro , TOYODA Izumi , OGURA Shinji

    胆嚢は解剖学的に損傷を受けにくい臓器とされ,腹部鈍的外傷による胆嚢損傷の頻度は約2%と報告されている.損傷を受けやすい状況として飲酒後の上腹部への強打が指摘されており,今回その1例を経験した.症例は69歳,女性.飲酒運転中,電柱に衝突した.シートベルトの着用は不明であった.来院時酩酊状態,バイタルサインは安定していたが上腹部の圧痛を認めた.腹部造影CT検査で胆嚢壁および胆嚢内の造影剤漏出と肝周囲の …

    Journal of the Japanese Association for the Surgery of Trauma 28(3), 282-285, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top