及川 将一 OIKAWA Masakazu

ID:9000283730200

放射線医学総合研究所 Research Center for Radiation Protection (2012年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Highly concentrated uranium in the renal proximal tubules in rats exposed to uranium acetate  [in Japanese]

    HOMMA-TAKEDA Shino , NISHIMURA Mayumi , SHIMADA Yoshiya , KOKUBO Toshiaki , KONISHI Teruaki , SUYA Noriyoshi , OIKAWA Masakazu , SUZUKI Kyoko , TERADA Yasuko , HAYAO Tatsuo , INOUE Tatsuya

    【はじめに】原子力発電で利用されるウランは腎毒性物質として知られている。原発事故をはじめ、劣化ウラン弾汚染や原子力資源獲得競争による環境負荷の懸念などを背景に、ウランの毒性影響に関心がもたれ、放射線防護の観点から早急な対応が求められている。これまで我々は、標的臓器である腎臓のウランの挙動を調べ、ウランが近位直尿細管に選択的に蓄積し、組織損傷を引き起こしていることを示してきた。本研究では、微小ビーム …

    Annual Meeting of the Japanese Society of Toxicology 39.1(0), P-150, 2012

    J-STAGE 

Page Top