折口 智樹 Origuti Tomoki

ID:9000283745544

長崎大学医学部保健学科 (2005年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 不動化されたラット距腿関節軟骨に対する持続的他動運動の影響  [in Japanese]

    Sakamoto Junya , Yosida Daisuke , Origuti Tomoki , Nakano Jiro , Okita Minoru , Eguti Katumi

    【目的】<BR> 関節を不動化すると、関節軟骨は細胞の集族化、表層の粗造化、基質の破綻など、様々な組織学的変化を生じることが古くから知られており、最近では、軟骨細胞にアポトーシスが生じることも報告されている。一方、Salterらが関節軟骨の変性や損傷に対しては持続的他動運動(Continuous passive motion;以下,CPM)が有効であると報告して以来、整形外科術後におい …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2004(0), A0726-A0726, 2005

    J-STAGE 

Page Top