梶村 政司

Articles:  1-1 of 1

  • 大腿骨外反骨切り術における術後1年間の機能回復傾向について  [in Japanese]

    政森 敦宏 , 田中 亮 , 吉田 里沙 , 森田 哲司 , 小川 健太郎 , 児玉 直哉 , 山本 真士 , 奈良井 ゆかり , 梶村 政司

    【はじめに】大腿骨外反骨切り術(以下,外反骨切り術)は,若い年齢層の進行期や末期の亜脱臼性股関節症に対して行なう手術である。Pauwelによるこの術式の目的は,大腿骨骨切りによって大腿骨頭荷重部を変えて関節適合性を改善させ,荷重面積を拡大することである。そこで今回の研究は,外反骨切り術後症例の1年間の経過を調査し,機能回復の傾向を探ることである。<BR>【対象】当院にて,2001年9月 …

    Congress of the Japanese Physical Therapy Association 2007(0), C1419-C1419, 2008

    J-STAGE Ichushi Web

Page Top