相良 明男 SAGARA AKIO

ID:9000283781516

核融合科学研究所 National Institute of Fusion Science (2011年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Heat Transfer Experiment for High Pr Number Fluids in Sphere-Packed Annular Channel  [in Japanese]

    EBARA SHINJI , SHIMIZU KATSUYA , HASHIZUME HIDETOSHI , SAGARA AKIO , TODA SABURO

    高Pr数流体は伝熱性能が低いため、高Pr数流体を冷却材として用いる場合はその伝熱促進が装置の成立性を左右する重要なものとなる。本研究では、ペブル(球形粒子を環状流路に充填し、実験的にその伝熱性能を評価している。ペブルが極端に小さいとき熱伝達係数は急激に大きくなり、またペエブルが大きいときと比べその傾向が異なるという結果を得た。

    Proceedings of National Heat Transfer Symposium 2011(0), 26-26, 2011

    J-STAGE 

Page Top