岡田 浩樹 OKADA HIROKI

Articles:  1-1 of 1

  • Ethnograpy of "Cross lined"Cultures:Befor "Tabunka-Kyosei" of Nagata, Kobe  [in Japanese]

    OKADA HIROKI

    本報告の目的は、現在の多文化状況の基盤である地域社会の近代において、どのような形で多文化が「混線」していたかを報告することである。このことは、そのまま多文化共生研究において、しばしばそれ以前の地域社会の社会文化空間の複雑なダイナミズムが捨象され、結果としてあたかも1990年代のグローバル化以前の日本社会を「単一民族国民国家」のイメージで捉えていることの批判を試みる。

    Abstracts of the Annual Meeting of the Japanese Society of Cultural Anthropology 2010(0), 145-145, 2010

    J-STAGE 

Page Top