依馬 正次 EMA Masatsugu

ID:9000283893913

筑波大人間総合,解剖学発生学|科学技術振興機構 さきがけ Department of Anatomy and Embryology, Faculty of Medicine, University of Tsukuba|JST PREST (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Klf5による多能性幹細胞維持機構  [in Japanese]

    AZAMI Takuya , MATSUMOTO Ken , JEON Hyojung , TAKAHASHI Satoru , EMA Masatsugu

    マウスES細胞の自己複製はOct4,Sox2,Nanogがcore circuitを形成し,協調的に機能することにより維持される。これらの転写因子は多能性の維持だけでなく,発生過程でも重要であり,それぞれの欠損マウスは着床前後に致死である。また,Oct4,Sox2,Nanogは体細胞をiPS細胞へ初期化する能力を持つ。山中4因子の中でもKlf4は初期胚発生およびES細胞の未分化性維持には必ずしも必 …

    The Journal of Reproduction and Development Supplement 106(0), OR1-37-OR1-37, 2013

    J-STAGE 

Page Top