風早 竜之介 Kazahaya Ryunosuke

ID:9000283904348

東京大学理学系研究科 Graduate School of Science, The University of Tokyo (2008年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • 桜島、南岳火口及び昭和火口の火山噴煙中二酸化硫黄イメージング  [in Japanese]

    Kazahaya Ryunosuke , 森 俊哉

    火山学・防災の観点から、火山噴煙を観測する事は重要である。火山ガスの組成及び放出量はマグマの活動・深部にあるマグマの量を反映しているため、噴火活動を理解する上で良い指標になる。火山ガスの主成分の一つである二酸化硫黄放出量の測定には紫外分光計が用いられてきた。だが、この機器では噴煙のごく一部の情報しか得られないため、噴煙全体を捉る事が難しい。この問題を解決する観測方法として、紫外線カメラを用いた観測 …

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 55(0), 196-196, 2008

    J-STAGE 

Page Top