佐藤 都 Sato Miyako

ID:9000283906735

独立行政法人海洋研究開発機構 Japan Agency for Marine-Earth Science and Technology (2009年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • マゼラン海峡堆積物に記録された過去12000年にわたるδ<sup>15</sup>Nの変化  [in Japanese]

    Harada Naomi , Lange Carina , Sato Miyako , Ahagon Naokazu , Ninnemann Ulysses , Pantoja Silvio

    【はじめに】 フィヨルド域を含めチリ沖は現在のみならず過去においてもダイナミックに海洋生産性を変化させてきた海域である。本研究では、チリ・マゼラン海峡の太平洋側において採取された海底堆積物に記録された過去12000年にわたるδ<sup>15</sup>Nを分析し、有機炭素含有量や窒素含有量変化、C/N比や有孔虫殻の炭素同位体比変化とともに考察した結果について報告する。

    Abstracts of Annual Meeting of the Geochemical Society of Japan 56(0), 35-35, 2009

    J-STAGE 

Page Top