山村 亮 YAMAMURA Ryo

ID:9000283911444

昭和大学医学部整形外科学講座 Department of Orthopedic Surgery, Showa University School of Medicine (2013年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • SUCCESSFUL TREATMENT OF A SOLITARY BONE CYST OF THE HUMERUS USING INTRAMEDULLARY NAILS  [in Japanese]

    YAMAMURA Ryo , MAEDA Toshio , INAGAKI Katsunori

    症例は16歳の男性.バレーボール中に右上腕の痛みを自覚.近医受診し,単純X線・MRI施行したところ,右上腕骨孤立性骨嚢腫を指摘され,当科紹介受診となった.掻把・植骨施行するも2年後に再発し,増大傾向となり,疼痛も出現した.根治目的としての再手術方法として,髄内釘を選択した.術後1年で抜釘施行したが,再発なく経過しており,上腕骨孤立性骨嚢腫再発例に対して髄内釘が有効であった.孤立性骨嚢腫は10~20 …

    Journal of The Showa University Society 73(5), 459-462, 2013

    IR  J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top