宇陀 則彦

Articles:  1-1 of 1

  • An attempt to structure knowledge extracted from causal relationship described in patent document  [in Japanese]

    石川 大介 , 石塚 英弘 , 宇陀 則彦 , 藤原 譲

    特許文献には、発明の手段とその結果もたらされる効果が記述されている。我々は、その手段?効果の関係を因果関係と見なし、繊維工学の分野の特許文献から文型パターンと用語リストを用いて因果関係を抽出した。今回の実験では化合物とその性質の因果関係を抽出した。また、これらの因果関係から抽出した知識の構造化を試みた。今回は、特に接着性がある化合物に関する事例を報告する。A method in an innova …

    情報処理学会研究報告自然言語処理(NL) 2003(98(2003-NL-157)), 61-67, 2003-09-29

    IPSJ

Page Top