Urasaki Takeshi

Articles:  1-1 of 1

  • Places of Groups and Approaches that Activity and Passivity are Created : Through Practice by a Special Needs Class  [in Japanese]

    瀨底 正栄 , 武田 喜乃恵 , 浦崎 武 , Sesoko Msae , Takeda Kinoe , Urasaki Takeshi

    「遊び」のもつ発達を促進させる要素として、快の情動の共有による<能動-受動>の相互作用や「遊び」の関係性のなかで生まれてきた<向かう力-受けとめる力>を含めた多様な情動共有の実感、特に遊びを通した「重要な他者との関係性の形成」や「何かを一緒にする」「重ね合わせる」ということが発達支援として重要ではないかと考えられる。琉球大学教育学部附属発達支援教育実践センターで行われている …

    琉球大学教育学部発達支援教育実践センター紀要 (6), 119-129, 2014

    IR 

Page Top