村上 加奈 Murakami Kana

ID:9000293530574

熊本大学大学院保健学教育部 検査技術科学分野 形態科学研究室 Department of Morphological Science, Graduate School of Health Sciences, Kumamoto University (2014年 CiNii収録論文より)

Search authors sharing the same name

Articles:  1-1 of 1

  • Cellular crosstalk and regulation of acidic environment in the epididymis  [in Japanese]

    Murakami Kana , Yoshida Ayaka , Yoshinaga Kazuya

    精子は、精巣上体を通過する過程で運動能と受精に必要な能力を獲得して成熟する。しかし、精子は射精されて雌性生殖管に入るまでは、余分なエネルギーを消費しないように運動が抑制され、休眠状態となっている。この休眠状態を保つために、精巣上体管の管腔液は酸性に保たれている。精巣上体管上皮は明細胞、主細胞、基底細胞で構成される。最近、明細胞はプロトンポンプ(V-ATPase)を発現しプロトン分泌を促進すること、 …

    Structure and Function 12(2), 59-63, 2014

    J-STAGE  Ichushi Web 

Page Top