Hiromitsu TANAKA

Articles:  1-1 of 1

  • Discovery of a TEKTIN-t/TEKT2 Gene Variant Encoding Sperm Flagellar Protein in Japanese Males

    田中 宏光 , 辻村 晃 , 宮川 康 [他] , 和田 守正 , Hiromitsu TANAKA , Akira TSUJIMURA , Yasushi MIYAGAWA , Morimasa WADA

    テクチンは、ダイニンとともに精子の鞭毛や繊毛の形成に関与したタンパク質である。テクチンには、ヒトにおいて少なくとも6種類の遺伝子の存在が報告されている。テクチン遺伝子のうち、Tektin-t/Tekt2、Tekt3、もしくは Tekt4 が欠失することによって、精子の鞭毛が機能不全を起こし、なかでも Tektin-t/Tekt2 遺伝子の欠失は、雄性不妊症になることがマウスで示されている。男性 …

    長崎国際大学論叢 15, 167-173, 2015

    IR 

Page Top