ヒンブル ルーク Himbele Luke

ID:9000301385632

九州大学大学院総合理工学府 I-EggS, Kyushu University (2016年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  8件中 1-8 を表示

  • C-3-51 電気制御による光モードスイッチ動作実証(C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    ヒンブル ルーク , イマンシャ リアン , 姜 海松 , 浜本 貴一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2016年_エレクトロニクス(1), 189, 2016-03-01

  • トレンチPIN構造型光モードスイッチ (レーザ・量子エレクトロニクス)

    ヒンブル ルーク , イマンシャ リャン , 姜 海松 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(278), 81-84, 2015-10-29

  • トレンチPIN構造型光モードスイッチ (光エレクトロニクス)

    ヒンブル ルーク , イマンシャ リャン , 姜 海松 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(277), 81-84, 2015-10-29

  • トレンチPIN構造型光モードスイッチ (光通信システム)

    ヒンブル ルーク , イマンシャ リャン , 姜 海松 [他]

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 115(276), 81-84, 2015-10-29

  • C-3-65 光モードスイッチのクロストーク予備的検討(光スイッチ・光増幅器,C-3.光エレクトロニクス,一般セッション)

    ヒンブル ルーク , 田中 龍之 , イマンシャ リアン , 姜 海松 , 浜本 貴一

    電子情報通信学会総合大会講演論文集 2015年_エレクトロニクス(1), 189, 2015-02-24

  • 光モードスイッチ実現のための基本動作原理の実証 (レーザ・量子エレクトロニクス)

    田中 龍之 , イマンシャ リャン , ヒンブル ルーク [他] , 姜 海松 , 浜本 貴一

    我々は、従来の空間光スイッチの空間位置情報をモード情報に置き換え、モードとモードとの間で切り替える,光モードスイッチを世界で初めて提案した。光空間スイッチは、高集積化と大規模化が進められているが、光スイッチ部の集積密度を高めても、入出力端に接続すべき光ファイバーの径が素子の入出力ポート間隔に対して大きく、チップサイズが大型化してしまう。我々の提案した光モードスイッチを用いることで、入出力導波路の数 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(283), 175-178, 2014-10-30

  • 光モードスイッチ実現のための基本動作原理の実証 (光エレクトロニクス)

    田中 龍之 , イマンシャ リャン , ヒンブル ルーク [他] , 姜 海松 , 浜本 貴一

    我々は、従来の空間光スイッチの空間位置情報をモード情報に置き換え、モードとモードとの間で切り替える,光モードスイッチを世界で初めて提案した。光空間スイッチは、高集積化と大規模化が進められているが、光スイッチ部の集積密度を高めても、入出力端に接続すべき光ファイバーの径が素子の入出力ポート間隔に対して大きく、チップサイズが大型化してしまう。我々の提案した光モードスイッチを用いることで、入出力導波路の数 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(282), 175-178, 2014-10-30

  • 光モードスイッチ実現のための基本動作原理の実証 (光通信システム)

    田中 龍之 , イマンシャ リャン , ヒンブル ルーク [他] , 姜 海松 , 浜本 貴一

    我々は、従来の空間光スイッチの空間位置情報をモード情報に置き換え、モードとモードとの間で切り替える,光モードスイッチを世界で初めて提案した。光空間スイッチは、高集積化と大規模化が進められているが、光スイッチ部の集積密度を高めても、入出力端に接続すべき光ファイバーの径が素子の入出力ポート間隔に対して大きく、チップサイズが大型化してしまう。我々の提案した光モードスイッチを用いることで、入出力導波路の数 …

    電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報 114(281), 175-178, 2014-10-30

ページトップへ