谷口 浩子

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 小児科における臨床心理士の活動報告

    谷口 浩子 , 水野 真介 , 堀 六希 , 額田 貴之 , 高橋 俊恵 , 古宮 圭 , 深尾 大輔 , 横山 宏司 , 井上 美保子 , 池田 由香 , 原 茂登 , 儘田 光和 , 濱畑 啓悟 , 吉田 晃 , 百井 亨 , 西田 愼二

    小児科では、2011年8月から週に1回、和歌山市の成育医療支援室(以下支援室)を設置する形で臨床心理士が外来患者の発達検査やカウンセリングを行ってきた。現在、支援室は撤退し、週に3日、これまでの外来業務と、NICUでの母子支援、小児がんを始めとする長期入院患児・家族のサポートなどの病棟業務を行っている。カウンセリングに訪れる患児の主訴は、頭痛や腹痛などのストレス関連障害が最も多く、次いで不登校、A …

    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 = Medical journal of Japanese Red Cross Wakayama Medical Center 33, 29-33, 2016-03-31

    機関リポジトリ 医中誌Web

  • 児童虐待対策委員会の活動報告

    井上 美保子 , 古宮 圭 , 池田 由香 , 吉田 晃 , 浜崎 俊明 , 谷口 浩子 , 田村 睦子 , 岡 由佳 , 大又 裕美 , 山岡 康成 , 戸石 輝 , 内田 一彦 , 小山 充

    児童虐待が疑われる患者さんが医療機関を受診することがある。当センターでは2010年7月に児童虐待対策委員会が設置され、医師、看護師、社会福祉士、心理士、事務員で構成し、院内の児童虐待が疑われる事例にすべて対応している。また、虐待を未然に防ぐことを目的に、育児環境に困難を抱えていると思われる家族への早期介入もしている。児童虐待が疑われて対応した事例と虐待を未然に防ぐために介入した事例を併せた件数は、 …

    日本赤十字社和歌山医療センター医学雑誌 = Medical journal of Japanese Red Cross Society Wakayama Medical Center 32, 71-77, 2015-05-01

    機関リポジトリ 医中誌Web

ページトップへ