一鍬田 済

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • ナシの早期落葉に関する研究-1-早期落葉の様相と発生関連要因

    一鍬田 , 大野 敏朗

    ナシの早期落葉の実態と発生関連要因を明らかにするために,二十世紀について散布薬剤の影響と遮光,多湿などの影響を検討した。その結果は次のとおりであった。1) 同一樹における枝別処理で薬剤の種類と落葉の関係を調査した結果,ボルドー液散布区の落葉率が低く,ポリオキシン散布区で明らかに高かった。落葉の発生は6月中旬から7月中句の間であるが,6月下旬あるいは7月上旬が最も多かった。また,落葉は果そう葉が主体 …

    千葉県農業試験場研究報告 (16), p1-10, 1975-03

    日本農学文献記事索引

  • ナシの人工授粉能率化に関する研究-1-

    石渡 英夫 [他] , 野田 健男 , 大野 敏朗 , 一鍬田 , 安間 貞夫

    多量の花粉を容易に採取し,能率的に授粉を行うことをねらいとして,開花から授粉までのナシの人工授粉作業を,共同化あるいは機械化の一貫作業体系として確立するための実用的検討を行った。1. 切枝のビニールハウスでの温度処理による花蕾採取は,花蕾着生枝を3月下旬~4月初旬に剪除し,ハウス搬入を行うことにより,自然開花のものに比べ数日の開花促進がみられ,また,多量花蕾採取が可能である。管理の要点としては,夜 …

    千葉県農業試験場研究報告 (7), 106-128, 1967-03

    日本農学文献記事索引

ページトップへ