高橋 芳雄

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 落花生の連作害に関する研究

    高橋 芳雄

    落花生連作の被害様相とその主要因の検討および二三の耕種的方法について試験を行ない,つぎの結果がえられた。1. 落花生を連作すると,キタネコブセンテュワの寄生と黒渋病・褐斑病の被害が著しくなり,根の機能は低下し,生育はその初期から不良になり,上莢数は少なく,子実は小粒化して収量が低下した。連作年数が長くなると被害も顕著になり,初年収量の70%までてい減した。しかし4年~5年以上連作を続けてもそれ以上 …

    千葉県農業試験場研究報告 (11), 1-12, 1971-03

    日本農学文献記事索引

  • 落花生の結莢部土壤水分が結実に及ぼす影響について

    高橋 芳雄 [他] , 林 政衛

    昭和28,29両年に亘り落花生の結莢期間中結莢部の土壌水分を50~60%に保持した場合と同期間風乾状態で経過させたものについて,それらが莢の形成及び子実の充実に及ぼす影響を調べ次の結果が得られた。(1) 開花数に対する完熟莢歩合は結莢部土壌が乾燥することによって僅かに低下するに過ぎない。又開花時期と結莢の関係には土壌の乾湿による差はみられない。(2)結莢部土壌の乾燥によって莢容積は大きくなり,莢殻 …

    千葉県農業試験場研究報告 (2), ????, 1958-03

    日本農学文献記事索引

ページトップへ