一番ヶ瀬 智子 ICHIBANGASE Tomoko

ID:9000301712605

武蔵野大学薬学研究所 Research Institute of Pharmaceutical Sciences, Musashino University (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 発蛍光標識化タンパク質の網羅定量解析法の開発と応用

    一番ヶ瀬 智子

    タンパク質は,生体内で細胞の形態や機能を直接コントロールしているため,疾患の原因や発症のメカニズムの解明には,タンパク質の量的変化を精確で再現性のある定量分析法にて解析することが重要である.しかしながら,一般的にタンパク質のような高分子化合物をクロマトグラフィーで高分解能に分離することは至難であり,プロテオミクスの分野ではインタクトなタンパク質混合物の直接分離は行われておらず,高感度で定量的な網羅 …

    分析化学 64(7), 511-517, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ