大竹 孝明 Ohtake Takaaki

ID:9000301713180

旭川医科大学内科学講座消化器・血液腫瘍制御内科分野|旭川医科大学臨床消化器・肝臓学診療連携講座 Division of Gastroenterology and Hematology/Oncology, Department of Medicine, Asahikawa Medical University|Department of Clinical Gastroenterology and Hepatology on Co-operative Network, Asahikawa Medical University (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • adefovirの減量と経口リン製剤が有効であった病的尺骨骨折を伴うFanconi症候群の1例

    内海 辰哉 , 澤田 康司 , 中嶋 駿介 [他] , 阿部 真美 , 大竹 孝明 , 藤谷 幹浩 , 高後 裕

    症例は70歳代女性.B型肝硬変に対するadefovir dipivoxil(ADV)の長期投与により,低リン血症と骨軟化症を発症した.ADV起因のFanconi症候群と診断し,ADVを隔日投与に減量したが,両尺骨の病的骨折を認めたため,ADVの更なる減量と経口リン酸製剤の内服を開始した.その後は低リン血症や病的骨折を認めていない.

    日本内科学会雑誌 103(8), 1927-1930, 2014

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ