白石 成二 Shiraishi Seiji

ID:9000301713683

国立がん研究センター研究所 がん患者病態生理研究分野 (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • がん性疼痛の新規治療薬の開発―マウス大腿骨がんモデルにおける血小板活性化因子(PAF)阻害薬の鎮痛作用

    森田 克也 , 本山 直世 , 北山 友也 [他] , 白石 成二 , 土肥 敏博

    がん患者にとって最も頻度の高い症状は痛みであり,がん性疼痛はどの病期にも発症するが,持続性の痛みが大半を占め,その痛みの30%は耐え難い痛みである.さらに痛みは患者を不安や恐怖に追い込み,その苦痛を増大させる.がん患者において痛みの克服は生活の質(QOL)の向上に重要な問題であり,最優先で対応すべき課題である.骨がん疼痛は,がん性疼痛のなかで最も深刻であり,既存の鎮痛薬が奏効しない.がん性疼痛の治 …

    日本薬理学雑誌 146(2), 87-92, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ