向井 一将 MUKAI Kazumasa

ID:9000301713837

鳥取大学大学院工学研究科 Department of Chemistry and Biotechnology, Graduate School of Engineering, Tottori University (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 海洋浮遊ごみの漂着率を推測するための基礎研究:-漂着を促す気象と海象の分析-

    岡野 多門 , 向井 一将 , 櫻井 詳子

    海洋浮遊ごみの各国からの排出量を推測するための基礎研究として,気象および海象と24時間に漂着したごみ数の関係を2年間に275回調べた。潮汐変化が大きい海岸では,干潮時に漂着したごみが満潮時に浮き上がり,その多くが流出するため漂着量を測ることはできない。このため調査は潮汐変化が小さく,気象や海象のデータが得られる鳥取空港近くの砂浜で行った。気象と海象の漂着数への応答性は朝鮮半島と中国・台湾由来ごみで …

    環境科学会誌 27(4), 199-206, 2014

    日本農学文献記事索引 J-STAGE

ページトップへ