玉造 晃弘 TAMATSUKURI Akihiro

ID:9000301713845

(独)製品評価技術基盤機構 化学物質管理センター リスク評価課 National Institute of Technology and Evaluation, Chemical Management Center, Risk Analysis Division (2014年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 化審法のリスク評価における暴露評価手法:-数理モデルの活用を中心に-

    玉造 晃弘

    本稿は,化学物質の審査及び製造等の規制に関する法律(化審法)において,優先評価化学物質のリスク評価に用いられる数理モデルを解説したものである。ここでの数理モデルは, 環境中濃度や人や生物への暴露量を推計すること(暴露評価)に利用するものを指す。最初に化審法におけるリスク評価スキームの全体像を概観し,段階的に詳細な評価が実施される仕組みであること等を述べた。次に数理モデルを用いて環境中濃度等を推計す …

    環境科学会誌 27(4), 224-237, 2014

    日本農学文献記事索引 J-STAGE

ページトップへ