今成 元昭 Imanari Gensho

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 中世仏教草創期の法語 : 法然・道元・日蓮を通して(<特集>中世文学の<王法>と<仏法>)

    今成 元昭

    中世新仏教を開いた、法然・道元・日蓮の法語を検討して、法然は弥陀の本願力に身をゆだね、道元は日本国の劣悪さを嫌悪し、日蓮は社会の秩序回復に立ち向かう、といった各々別々の方法によりながらも、すべてが、古代仏教のひきずり続けてきた王法仏法相依の関係を断絶した、徹底した仏教主義的世界観を打ち出していることを明らかにする。なお、如上の特質は、中世仏教の創唱者一般に認められるところのものなのである

    日本文学 35(4), 1-10, 1986

    CiNii 外部リンク J-STAGE

ページトップへ