岩目地 俊

ID:9000303158463

林試東北支場 (1983年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  2件中 1-2 を表示

  • 東北地方のノウサギによる6種の植栽木の食害部位の検討

    樋口 輔三郎 , 土方 康次 , 岩目地

    (1) 12月23日頃、突然に植栽木の枝、細い主幹、ついで樹皮などが食べられ始めた。(2) 枝は、カンバ、カラマツ、アカマツ、スギ、クロマツの順で多くかみちぎられた。(3) 主幹梢頭部は幹の太さによってかみちぎられる限界があった。太いカンバは枝がよく食べられたにもかかわらずかみちぎられなかった。カラマツ、スギ、アカマツの順で多くかみちぎられた。(4) 樹皮の食害は樹高30〜5 …

    野兎研究会誌 10(0), 27-29, 1983

    J-STAGE

  • 好摩実験林におけるノウサギの行動と環境

    樋口 輔三郎 , 土方 康次 , 岩目地 , 早川 陽吉

    積雪期のウサギの行動量を単位面積あたりの足跡数によってしらべ、各生息地における行動量と環境要因との関係を多変量解析(数量化1)によってしらべた。その結果をみると、粗朶、低木密度>喬、中木密度>傾斜度>雪質>うっ閉度の順に行動量に及ぼす影響が大きかった。粗朶は密なほどよく、喬、中木は中密度、傾斜は23°以上、うっ閉は明るい所などの各環境条件の所に行動量が多かった。非積雪期の行 …

    野兎研究会誌 9(0), 13-24, 1982

    J-STAGE

ページトップへ