菰田 拓之 Komoda Takuyuki

ID:9000303160668

大雄会第一病院創傷・血管センター Wound and Vascular Center, Daiyukai Daiichi Hospital (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 軟部組織内に多発異所性骨化を伴った静脈性潰瘍の1 例

    菰田 拓之

    要約:下肢静脈性潰瘍の治療原則は徹底した皮膚軟部組織高静脈圧の改善であるが,それでは潰瘍が治癒せず皮膚軟部組織再建を要する症例も存在する.症例は68 歳男性,5 年前より再発を繰り返す右内果部静脈性潰瘍の診断にて紹介となった.30 年前に両側下肢静脈瘤に対して大伏在静脈,小伏在静脈抜去術が施行されていた.圧迫療法と外用薬にて肉芽形成は認めたが,肉芽内に新たな点状壊死を認め,その下床には石灰化病変が …

    静脈学 26(3), 244-250, 2015

    J-STAGE 医中誌Web

ページトップへ