大山 朋江

論文一覧:  5件中 1-5 を表示

  • 子どもが課題を捉え探究の結果としての結論が見える 小学校理科授業の試行 ― 第4 学年「物のあたたまり方」単元を例として―

    栢野 彰秀 , 勝部 翔太郎 , 野崎 朝之 , 大山 朋江 , 園山 裕之

     本稿ではまず第一に、島根大学教育学部附属中学校理科部が教員養成(教育実習)、教員研修(初任者研修)、常日頃の授業で行っている枠組みでの理科授業が小学校においても実施可能であるのか、この点を検討するための授業を試行したので、その結果を報告した。附中理科部が考える枠組みでは、課題と結論がセットになって逆コの字型になる単元計画となるのが特徴となる。そのため、単元の学習後、子どもが単元全体や一単元を構成 …

    島根大学教育学部紀要 51, 13-22, 2017-12-28

    機関リポジトリ

  • 教員養成と教員研修を架橋する附中理科部の授業構想とその実践 : 学習課題を明示し,子どもに探究の結果としての結論が見える単元計画に基づく授業

    栢野 彰秀 , 野﨑 朝之 , 大山 朋江 , 園山 裕之 , 福島 章洋

     島根県教育センター及び島根大学教育学部自然環境教育講座と同附属中学校理科部では, 第1回国立教員養成大学・学部,大学院,附属学校の改革に関する有識者会議での話題に加え,島根大学第3期中期目標の一つである附属学校園の機能強化に対する嚆矢となりうる取り組みが,附属中学校のそれも「理科」というわずか一教科だけではあるが,具体的に提案できる段階までに到達している。 本稿ではそれを形作る3つの要素である① …

    島根大学教育臨床総合研究 16, 129-143, 2017

    機関リポジトリ

  • 原子力発電所立地地域における放射線教育 : 行動の判断を行う中学校理科の授業を通して

    栢野 彰秀 , 大山 朋江 , 園山 裕之 , 野﨑 朝之 , 木下 勝 , 高橋 里美 , 秦 明德

    エネルギー環境教育研究 = Journal of energy and environmental education 10(2), 29-36, 2016-06

  • 島根大学教育学部附属中学校における放射線教育の取組

    園山 裕之 , 大山 朋江 , 高橋 里美 , 栢野 彰秀

    原子力発電所におけるトラブルが発生した際に状況を判断し, 科学的な根拠に基づいて防護するための行動を挙げることができるようになることを目標に, 島根大学教育学部附属中学校で放射線教育を全5時間実施した。授業実践の前後に行ったアンケート調査の比較から, 実施した全5時間の授業により, 「α線」「β線」「γ線」といった放射線の種類を除き, 多くの生徒が「内部被曝」や「外部被曝」, 「放射線の性質」に関 …

    島根大学教育臨床総合研究 15, 153-168, 2016

    機関リポジトリ

  • 「指導と評価の一体化」を図る授業の構想と中学校理科における実際

    栢野 彰秀 , 大山 朋江 , 高橋 弾 [他] , 森 健一郎

    本報告では,観点別評価と総括的に捉える評定である「目標に準拠した評価」が以前の学習指導要領から今次学習指導要領にも受け継がれた点を指摘し,今次学習指導要領下においても「指導と評価の一体化」した授業の取り組みが必要不可欠なことを論じた。次いで,IMの持つメタ認知的活動の可能性を活用し,IMを活用した「指導と評価の一体化」を図る授業の構成理念とその方法も論じた。島根県松江市と北海道釧路市の中学校におい …

    島根大学教育臨床総合研究 14, 127-140, 2015

    機関リポジトリ

ページトップへ