菊地 賢一 Kikuchi Ken-ichi

ID:9000303724260

秋田大学大学院工学資源学研究科環境応用化学専攻 Department of Applied Chemistry, Graduate School of Engineering and Resource Science, Akita University (2015年 CiNii収録論文より)

同姓同名の著者を検索

論文一覧:  1件中 1-1 を表示

  • 固定化組換えヒトレニンを用いた表面プラズモン共鳴応答によるレニン阻害活性のスクリーニング法の検討

    後藤 猛 , 菊地 賢一 , 堀 一之 [他] , 高橋 砂織

    レニンは哺乳動物の血圧を制御するレニン-アンギオテンシン系の最初の律速反応を触媒することから、高血圧の治療のためにレニンは最も重要な阻害対象である。大豆や穀類などの食物からレニン阻害物質が見出され、それらはサポニン類や不飽和脂肪酸類であると同定されてきた。本研究は、昆虫細胞で生産しSPRセンサーチップに固定化した組換えヒトレニンを用いてサポニン類や不飽和脂肪酸類のSPR応答を調べ、SPR応答とレニ …

    日本食品化学学会誌 22(1), 18-24, 2015

    J-STAGE

ページトップへ